PAGE TOP ▲
ハイブリッドファン

ハイブリッドファンとは?

ハイブリッドファンの効果

上のグラフは、天井付近と床付近の温度を時間軸で表したものです。(メーカー調)
通常、エアコンが温度を感知するセンサーは床付近には付いていない為、エアコンは天井付近が冷えるまで、冷風を出し続けることになります。
ところが、ハイブリッドファンを取付けると、ハイブリッドファン未使用時には12.9℃あった温度差が僅か1.0℃にまで縮まっています。部屋全体の温度が均一なので、エアコンは本当に必要な量の冷風を出せるようになります。

【測定条件】
空調機:5馬力 | 部屋広:幅800cm×奥行800cm×高さ260cm | 外気温:30℃
室内温:28℃ | 基本設定:冷房 | 温度設定:25℃/噴出し温度12~13℃

エアコンの電気料金を、ハイブリッドファンを使用する前、そしてハイブリッドファンを使用した後の比較で計算してみました。
通常、ハイブリッドファンを使用することにより、エアコン設定温度を2℃外気温に近付けることができます。これらを元に電気代の削減料金を計算した結果、電気代は約20%減となります。
長期的に考えた場合、ハイブリッドファンの使用は大きなコスト削減に繋がります。

※電気代:所要電力0.75kw/h×1日8時間×1ヶ月(30日)×1年(12ヶ月)×稼働率68%×電気量25円/kw
※1馬力のエアコンを1年間使用した場合の電気代を想定(1台分のコスト)
※5馬力のエアコン使用時は5倍の削減効果があります。
※電気料金は、電力各社との契約内容により異なります。
※稼働率はお客様の状況により異なります。

エアコンのCO2排出量をハイブリッドファンを使用する前、そしてハイブリッドファンを使用した後を比較してみました。
1馬力のエアコンを1年間使用した場合のCO2排出量はおよそ596.3kg(※)です。通常、ハイブリッドファンを使用することにより、エアコン設定温度を2℃外気温に近付けることができますので、これらを元にCO2排出量を計算した結果、CO2排出量は約20%減の477.1kgになります。
ハイブリッドファンの使用で大きなCO2排出量削減に繋がることができるのです。

※CO2排出量:所要電力:0.75kw/h×1日8時間×1ヶ月30日×1年12ヶ月×稼働率68%×CO2排出係数0.406kg/kw
【条件設定】
空調機:1馬力 | 所要電力:0.75kw/h | 稼働率:68%(100%-119日/365日)
電気料金:25円/kwh(*1) | エネルギー削減率:1℃=10%(東京電力HP)
CO2排出係数(1kw/h=0.406kg)は東京電力2012年度実績を使用

*1:電力契約により料金は異なります。

適合機種

サイズ : 950mm×950mm(正方形タイプ)

下から見上げて形が正方形・4方向吹き出し・中央部分が格子状のエアコンに適合する機種はハイブリッドファンFJRとなります。

*日立製室内機 RCI-AP xxK1、 RCI-AP xxK2の場合、お取り付けに別売りの台座プレートセットのご利用が必要となります。

サイズ : 1,100mm~1,700mm×950mm(長方形タイプ)

格子状パネルの中心部ではなく、右か左のどちらかに寄せて、エアコン短辺1ヶ所と長辺2ヶ所・計3ヶ所の吹き出し口から出る風がファンの羽根に当たるようにお取り付け下さい。 
写真のエアコンの取り付け位置は縦方向に走る5本格子の中心より左右のどちらかに1本寄せた位置となります。

*日立製室内機 RCI-AP xxK1、 RCI-AP xxK2の場合、お取り付けに別売りの台座プレートセットのご利用が必要となります。(詳しくはお問い合せ下さい。)

基本仕様

製品名 ハイブリッドファンFJR(HBF-FJR)
材質 羽根・センターメンバー表面:プラスチック、スポークシャフト:アルミ
取付金具・センターメンバー中心部・ボルト・ナット:鉄
カラータイプ C/W(羽根:ハーフクリアー、スポーク:シルバー、センターメンバー:ホワイト)
寸法
(突起部分含まず)
直径 1,100mm × 高さ 102mm
可変範囲 直径 900mm ~ 1,100 mm
重量

本体 約795g、取付金具 約240g

取付可能空調 各メーカー 天井カセット型エアコン
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com